転職して後悔しない or した?

25歳で空調設備の会社からコンベアシステムの会社に転職!

 

25歳の時(男)に転職を決意しました。当時は空調設備の会社で働いていました。

 

仕事内容は商業ビルやマンションにエアコンや空調設備を設置するという内容でした。

 

業務は自分にも合っていると感じていましたし、お客様から感謝されるという点ではやりがいも多少なりはありました。

 

しかしサービス残業が多く給料が安いという点で将来が不安になり、働きながら転職活動を行っていました。

 

ネットの求人やエージェントを通して、今と同じようなエンジニア職で将来性(給料面)が見込め、福利厚生など安定している企業を探していました。

 

エージェントに紹介してもらったのが、物流システム・自動車などの生産ラインのコンベヤシステムを手掛ける企業でした。

 

こちらの製品のアフターサービスとして機械を点検したり、お客様の要望を聞いてカスタムするような業務です。

 

業界ではトップクラスのシェアを誇り、海外にも支店を置くような企業だったので将来性も良いと判断し面接を受けました。そこで無事に面接に合格をし配属されました。

 

配属後ですが、残業は多いもののしっかり残業代が出て給与面も満足するような金額がもらえるようになりました。

 

また学ぶことが大変多く、技術面の向上も望めるのでしっかり自分のスキルとして身につける事が出来れば今後のキャリアにも繋がると感じています。

 

ただ国内・海外に多くの支店を構えているので、転勤があるという点が不安材料にはなっています。

 

転職前に比べると、休日は少なくなりましたが前職の不満だった点が改善されたので転職をして良かったなと思います。