転職して後悔しない or した?

レンタルショップ販売員から営業に転職して大成功!

 

レンタルショップ(DVDやCD)にて、販売員として働かせてもらってきました。

 

商品管理、接客対応、返却処理、新作商品のポップ作成などが主な仕事内容で、日々自分なりに工夫を凝らしつつ、業務を遂行してまいりました。

 

だけども、25歳の時、「もっとこう自分からお客様に対して働きかけていきたい。もっとお客様とコミュニケーションを持ちたい」と、強く感じるようになり、ここで始めて転職を決意する運びとなりました。

 

で、転職するにあたり私が選んだ職種というのが営業職でして、思っていたよりもスムーズに採用にまでこぎつけることが出来ました。

 

さて、これまで営業職に携わっている友人たちからは「営業は大変だからやめた方がいいぞ」なんて事を言われてきましたが、私からすると全くそんなことは無く、むしろ自分にピッタリの職種であると痛感しております。

 

もちろん失敗をしてお客様や会社から叱られることもありますが、契約を成立させた時の達成感であったりお客様に満足していただいた時の喜びというのは何にも代えがたい素晴らしさがあります。

 

何と言いますか、日に日に成長している自分がいまして前職で働かせてもらっていた時よりもかなりタフになった気がしますし、またより柔軟にもなった気もしております。

 

とはいえ、前職での経験があったからこそ今の職種が自分に合っているという事に気づけたわけですからね、とてもいいステップアップが出来たと(前職で雇っていただいた事には)大変感謝しております。