転職して後悔しない or した?

スーパーから携帯電話の販売に転職して後悔!

 

転職当時の年齢26歳、女性です。

 

前職は某スーパーの正社員をしていました。業務はサービスカウンターやレジ等の接客部門。部門管理と、それに伴う事務作業などです。

 

また、現金管理は接客部門の担当者でしたので現金の扱いもしていました。

 

上司やスタッフにも恵まれとても居心地は良かったのですが、先々のことを考えると体力的なことと給料の面で不安があり転職を考えました。

 

転職先として選んだのが、携帯電話の販売の仕事でした。私は新商品の時期になると店舗に実機を試しに行くほどスマホやタブレットなどの端末が好きで通信機器について詳しいという強みがあったことと、前職で不安を抱いていた給料の面において、通信の仕事には魅力を感じ、この仕事を選びました。

 

面接ののち採用となり、転職はうまくいきました。転職後、料金プランや手続き、必要な書類や個人情報の取り扱い方など、覚えなければならないことが山のようにありました。

 

しかし、研修がなくいきなり売り場に立たされてお客様に声をかけ契約を取ってこい。というスタンスの指導だったので、その都度先輩方に確認しながらお客様に案内していたため、結局何を教わっていて、何を教わっていないのか、教える側にしても同じで、何を教えていて、何を教えていないのか、が全くわからない状態になり、入社して2ヶ月たった頃に初歩的なことを知らなかったことを理不尽に怒られたこともありました。

 

教わってないことは教えてもらわなければそのことの存在自体を知らないわけで、知らないなら聞いてよ。という言い分は本当に意味がわからなかったです。

 

転職自体は成功しましたが、職場環境があまりにも悪く、結婚が決まったこともあり2年半で退職しました。